日本イコモス国内委員会理事会に設置されている小委員会活動


専門的技術的事項を調査研究するため、理事会に小委員会を置くことができる。小委員会の委員は、会員のうちから委員長が指名する。ただし、必要に応じ会員外の学識経験者を委嘱することができる。小委員会における調査研究の結果は、理事会に報告する。小委員会は、その任務が終わったとき解散する。 (日本イコモス国内委員会規約第25条第2項)



第1小委員会:文化遺産の保存に関する憲章等の調査研究


主査:藤井恵介 1997年12月発足

 「海外の文化遺産の保護に関する憲章等の研究と日本での憲章作成の検討」(公益委託大成建設自然歴史環境基金助成事業)を最初の主要な事業として活動を開始した(発足時、主査:益田兼房、顧問:稲垣栄三、委員全8名)。国際憲章、地域憲章、国別憲章、分野別憲章など18編の文書について翻訳作業を行い、1999年5月、報告書完成。2000年12月には、全国町並み保存連盟「町並み保存憲章」に対し賛同し、連帯署名した。2002年1月より、主査を藤井恵介に交代。



第2小委員会:出版協力・文化講座協力などの企画(2004年12月解散)


主査:羽生修二 委員全3名で1997年12月発足

 日本イコモス国内委員会の対外貢献の一環として、また会費外収入の方途として、出版協力・文化財観光企画などの事業を行なった。主なものとしては、近畿日本ツーリスト出版部「世界遺産を旅する」(1998~99年)、日本ユネスコ協会連盟「世界遺産ハンドブック」(1999年)、江東区文化センター講座「世界を旅する~日本・東南アジア編」(1998~99年)、同じく「中東・南アジア編」(1999年)、日本ダイナースクラブ講座「世界遺産を巡る~フランス・ドイツ」(1999年)、江東区古石場文化センター生涯学習講座「ヨーロッパの世界遺産」(2001~02年)。



第3小委員会:歴史的建築物の構造的修復と補強に関する研究(2004年12月解散)


主査:日高健一郎 委員全8名で1998年7月発足

歴史的建築物の構造補強に関する国際学術委員会ISCARSAHで検討・作成されていた推奨指針に対して、日本の修復理念や実務経験を反映させるため組織された。1999年1月31日付けで、日本側意見書が当該国際学術委員会事務局に送付された。



第4小委員会:世界遺産条約に関連する諸問題の研究 →世界遺産のモニタリングに関する研究


主査:稲葉信子 2000年5月~2002年4月 主査代行:宗田好史 委員全6名で1999年9月発足 現主査:岡田保良

 国際的にも国内的にも「世界遺産」への関心が近年著しく高まり、ユネスコに対するイコモスの役割がますます重要となった実情に鑑み、設置された。Intangible Heritage、文化的景観、世界遺産のモニタリングなどの問題が提起され、議論された。2007年3月より、国内の世界遺産のモニタリングについて特化して活動することとなった。



第5小委員会:プロヴディフ旧市街保存事業に対する協力(2012年12月解散)


主査:石井昭 委員全5名で2001年9月発足

 日本ブルガリア両国イコモス国内委員会の共同企画に基づく「プロヴディフ旧市街保存地区文化財建造物修復事業」の遂行を主な目的として、日本側の実務指導グループとして設置された。2003年8月、同事業は「ユネスコ文化遺産保存日本信託基金UNESCO/Japan Trust Fund」の供与対象として正式に採択され、対象地区内にある木造家屋3件(4棟)の本格修理、4件(4棟)の応急修理が行なわれた。
事業報告書“CONSERVATION OF MONUMENTS IN THE ANCIENT PLOVDIV RESERVE, BULGARIA”(ISBN 978-6549314014)の刊行をうけて解散。

第5小委員会の活動をさらに見る >


小委員会活動をさらに見る >

 © ICOMOS Japan, all rights reserved. | 個人情報保護方針 | サイトマップ